英語を活かした求人の数は多いです。ただし英語力だけではダメで、その仕事の専門的な知識や技術も求められます。

英語を活かした求人探しとは…
検索フォーム
最近の記事
英語を活かした求人探しとは…

英語を活かした求人の数は多い

英語を活かした求人探しとは…
英語を活かした求人の数は多いです。外資系の会社、IT業界、金融業界などいろいろな業界で英語に堪能な人材が求められています。どれぐらいの英語力があれば良いのでしょうか。会社や業界によって違いますがTOEICで言えば700点以上、英検なら準1級以上を持っている人が優遇されます。つまり英語を使って、ある程度しっかりしたコミュニケーションが取れる人が求められているわけです。とは言ってもTOEICで700点以上取るのは簡単ではありません。その少し下のレベル、TOEICが600点台の方だったらアジアの外資系の会社を狙ってみるのを良い方法です。

どの業界でも英語の能力は求められるのですが、それだけでは採用は難しいです。例えば外資系のITの会社だったら、ITの知識や技術、仕事の経験が求められます。転職や就職するときは英語の力にプラスできるものをアピールしましょう。営業、人事、経営などどんなことでも構いません。英語を使って専門的な仕事ができることが重要なのです。

おすすめ記事

Copyright (C)2017英語を活かした求人探しとは….All rights reserved.