英語を活かした求人で真っ先に思い浮かぶのは通訳です。言葉の壁を壊し、うまく操るのが通訳の醍醐味です。

英語を活かした求人探しとは…
検索フォーム
最近の記事
英語を活かした求人探しとは…

英語を活かした求人のエリート、それは通訳

英語を活かした求人探しとは…
日本の学校では、英語にはそれほど力を入れていませんでした。中学生頃から習い始めるのですが、文法や単語などを習うだけで発音・ヒアリングにはあまり積極的ではなかった為、日本人はその両方が上手くできていません。しかし、英語が本当に好きで独学で勉強をしたり、あるいは本物の英語というものに触れ、見聞きしたことにより本場の英語をマスターした人も大勢います。

そういう人が就くような、英語を活かした求人といえばやはり『通訳』でしょう。聞く方も話す方も本物だというのなら、何の差支えもなく日本人と英語圏の人の橋渡し役を担うことも可能ですし、そもそも英語が好きだからこそ話したり聞いたりできるということなので、自分の好きな英語を仕事にすることについても問題なしということになります。

日本語と英語とでは同じ意味でもニュアンスが違ったり、語気の強さが違う部分もあるので、それをうまく操るのもまた個人の力量の見せどころであり、醍醐味一つでもあります。

おすすめ記事

Copyright (C)2017英語を活かした求人探しとは….All rights reserved.